So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
ゲーム・ブログパーツ ブログトップ

無料フリートライアル定員6000人『サカつくONLINE』 [ゲーム・ブログパーツ]

10日間のみのフリートライアルです。

※フリートライアルの仕様は正式サービスと異なります。
※既に課金登録済みの STO ID で、フリートライアルへお申し込みいただくことはできません。
※一度フリートライアルへ参加したSTO IDで、再度フリートライアルへお申し込みいただくことはできません。
※フリートライアルで取得されたSTO IDは、正式サービスでも継続してご利用いただけます。
※フリートライアルにてプレイしたゲームデータを、正式サービスに引き継いでプレイすることはできません。
※「KOKURITSU」には定員があります。定員に達した場合には日を開けて再度申し込みください。

■お使いのPCの環境が『サカつくONLINE』に適しているかご確認ください。
推奨動作環境のご確認
■お使いのPCが「必須/推奨動作環境」を満たしていることを確認できましたら、
次に動作環境チェックソフトによる動作確認を行ってください。

http://www.sakatsuku-online.com/freetrial/index.html


これも無料なんです。「FLO:Q(フローク)」という「ブログパーツ」を沢山集めたコンテンツ [ゲーム・ブログパーツ]


ソニー株式会社が提供する、多機能型ブログパーツ「FLO:Q(フローク)」に、
新たなコンテンツとして「FLO:Qゲームセンター」が登場しました。
テニス」、「スピード」、「スライダーパズル」、「タイピングゲーム」、etc・・・。
「ブログパーツ」でゲームが無料で出来ます。

その中の定番ゲームでは、単純にマウス操作で楽しめるし、動きのある
「ポケットテニス」と脳を普段使わなくなった事を感じさせてくれる、
いわゆる脳ゲーの「忘却の彼方」が面白かった。

「ポケットテニス」は、結構なれてくるとリターンエースを狙ったり、
スマッシュが決まったり、マウスのタイミングだけでかなり楽しめる。
複雑じゃないので何回でも楽しめるので技術が上がればあがるほど面白い。

「忘却の彼方」は、本当に単純で、光の移動した順番を覚えてるだけでよくて、
その後を自分がたどっていくとき、「やばい記憶力が落ちている」と
感じるので癖になってやってしまう。

その他も単純明快なので、操作がわからないのは、最初だけですぐ覚え
自分styleに合った簡単ゲームを見つけられる。

癒し系であり、本当に「簡単なゲーム」であった。
高い水準の綺麗なグラフィック動画のような映像の変わりに
ゲーマー向きの複雑で難しすぎるゲームが多くなった今の時代。
なかなか始めようと思えなくなっていたような気がしていました。
ちょっとした、気分転換にできる短時間でのミニゲームが新鮮。
しかも種類が結構あるようで一定期間すぎたら変わったりと
設定を変えても変えなくてもバリエーションを楽しめそうだ。

パワーアップした「FLO:Q(フローク)」
ゲームも無料大好き、お金をかけずに楽しめる物まだまだありますね。


和田アキ子 サイバークローン誕生! [ゲーム・ブログパーツ]

和田アキ子サイバークローンは、下記の場所にカーソルを合わせると色々な表情をします。ただし、メッセージが出ているときは触っても反応しません。
下記のどれかの部位に触ると 左下に「!」マークが出ます。これはあなたの指令を受けつけた印です。このマークはアクションが終了すると消えます。
 
 (1)頭 頭のてっぺんあたりを撫でると喜びます。
 (2)眼 右目を撫でると落ち込みます。
 (3)口 口を触るとキス顔になります。
 (4)耳たぶ 耳の下のほうを触ると怒り出します。
 (5)耳の上 耳の上部を触ると「ハッ」の表情になります。
 (6)のど のどを触ると眠ります。 
 (7)鼻 鼻を触るとびっくりします。


スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS [ゲーム・ブログパーツ]

今までのスーパーロボット大戦のORIGINALキャラクターばかりを集めた
今回のPS2用スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
は、はじめ正直、感情移入できそうにないと思った。
マジンガーZ・ゲッターロボその他のサブキャラの戦闘シーンが
楽しみだったのに……
しかし、やっぱりこんなのが好きなようでサイトのMOVIEを見てたら
だんだんとやりたくなって来てしまった。
昔のゲーム機から始まったスーパーロボット大戦シリーズ。
自分がTVの前でアニメで見ていたキャラクターを
自分の命令で動かせるなんてすごいと思ってきたが、
その頃は、やはり映像的には少し劣っていた。
スパロボOGの戦闘シーンは、クオリティーの高いちょっとした映画
見ているかのような映像でやっぱり試してみたい。
中川翔子「しょこたん」が「スーパーロボット大戦」の年間イメージキャラクターになっている
事もあり、TV放映など新しくファンになる世代とも共通の話題になるのかもしれない。
きっと買ってしまうだろう……。

http://www.suparobo.jp/srw_lineup/srw_ogps/index.html



ゲーム・ブログパーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。